トピックス

ダイエット食の選び方

2018.11.26

ダイエット

こんにちわ!

パーソナルトレーニングジムGOODSUN+の倉田です。

今日はダイエットするのになにを食べていいかわからないといった際に栄養価の見方のポイントを説明していきたいと思います。

 

まず、コンビニなどで商品を手にして栄養価を見てみると

 

タンパク質、脂質、炭水化物の量がのっていると思います。

この量が高たんぱく、低脂質であればダイエット食に適していると言ってもよいかと思います。※ローファットダイエットの場合(高たんぱく、低脂質、少しの炭水化物を意識したダイエット方法)

 

例えばわかりやすくセブンイレブンのホットドックの栄養価を見ていくと

タンパク質6.4g 脂質16g 炭水化物37.3gです。

低タンパク、高脂質、高炭水化物のバランスでダイエット食としては向いていません。

 

それに比べてセブンイレブンのサラダチキンの栄養価を見ていくと

タンパク質21.7g 脂質0.8g 炭水化物1gです。

高たんぱく、低脂質、低炭水化物でダイエット食として用いていきやすいですね。

例えば、昼飯の目標PFC(Pタンパク質、F脂質、C炭水化物)バランスが

P45g F10g C45gだとすると

サラダチキン(P21g F1g C1g)

おにぎり(P0g F0g C40g)

ナッツ類15粒(P3g F8g C5g)

プロテイン(P20 F2g C2g)

合計P43g F11g C48gとなり、目標PFCバランスに近づいていけますね。

 

また違う食材でこの目標PFCバランスに当てはめることもできますね。

ペッパービーフ(P12g F5g C3g)

豆腐そうめん(P7g F2g C15g)

なごやん(P3.5g F1.5g C28.5g)

プロテイン(P20g F2g C2g)
合計P42.5g F10.5g C48.5gとなり、目標PFCバランスに近づけることもできます。

このように時間帯、運動量に合わせて目標PFCバランスを定めて目標PFCバランスに合うように食材を選んでいくとダイエットはやりやすいかと思います。なるべく好きな物をチョイスしてダイエットしていくことでストレスなくダイエットを成功できますね!

 

みなさまも最近の食事のPFCバランスを計算してみてはいかがでしょうか?

blog-diet03.jpg

グッドサンプラスは、名古屋駅から徒歩5分のパーソナルトレーニングジムです。
完全オーダーメイドのトレーニングプログラムで、効率良く理想の身体に近づきましょう!
体験レッスン当日入会で入会金が無料に!!

GOODSUN+名古屋のパーソナルトレーニングスタジオ

  • 〒450-0003
    愛知県名古屋市中村区名駅南1-19-13 AEビル9Fmap
  • TEL:052-569-4470/メール:info@goodsun-plus.com
PAGE TOP